2018/08/10

平和を考える会が開かれました。8/9

8月9日(木)、10:00-12:00、友の家で平和を考える会がもたれました。
 豊中方面の永井素子さんが、ご自身の長崎での被ばくの体験から、戦争は決して起こしてはならないこと、核廃絶の思いを次世代に語り継ぎたいと話されました。おかあさんと一緒に参加した小学生の子どもたちの中には涙しながら聞いている子もありました。原爆投下前の長崎の平和な町の様子と原爆投下後の有様、惨状がリアルに伝わりました。
 NHKラジオの長崎の平和式典実況に合わせて、投下時刻の11:02に1分間の黙とうを皆でささげました。そのあと、映画「灯籠流し」が上映されました。
 婦人之友9月号には、被爆米兵の遺族を訪ねて森重昭さんが、初めて渡米された交流記が掲載されています。
参加者はお客様3名、会員56名、子ども7名でした。
いつもの例会はお休みでしたが、8月に私たちが忘れてはならないことを考える、とてもよい集まりでした。企画された委員会に感謝。

長崎の懐かしい街の様子、原爆の惨状、その後の生活・・・丁寧に語ってくださいました。

映画「灯籠流し」は、広島に投下された原爆に被爆した12人のアメリカ兵をめぐる
半世紀にわたる遺族探しのドキュメンタリー
子どもたちには少し難しいので、みどりの部屋で、
森口さんが読み聞かせをされて、平和について考えたそうです。
受付には西日本豪雨の緊急援助募金の箱が置かれました。

冷やししるこをいただいて帰路に。